2010年04月05日

NT京都2010参加

もう一週間ぐらいたつけど京都いってきたー!NT京都とボーパラ3!

疲れたー!

うぐおおおおお

二日ぐらい寝まくってた。

今回の招待展示企画でカンパしてくださった方、ミク運ぶのから宿の手配まで協力してくださったNKH(ニコ生企画放送局)さんありがとうございます!現場でドタバタしてるとこ助けてくれた人ありがとう!


とりあえず展示スペースに居た時の写真置いとくSANY0881(2)_R.jpg

いやしかし実はですね、ミクが一応歌えて動けるぐらいの状態になったのって当日の朝だったんですよ・・。やばかった。ライトニングトークとかたこルカらいぶとかやってるその壁の裏の部屋で必死にモーション作ってた。

あああもっとモーションとか作りこ目れば良かったなーいいパフォーマンスをすることができなくてごめんね(toミクand見に来てくれた人)ひっぱりまわしてるうちに髪もぼさぼさになっちゃったし。

顔もきれいな状態じゃなかったしなーいまもガチャガチャやってるとこです。

いろんな人に直接会えてなんかわけが分かんないくらいだった。
あ、X-Plorezさんに会えておまけにCDまで貰っちゃったー!うわああめっちゃうれしいーミクノロジー!

はあはあ

あとNKHさんからの連絡待ちなんですが、ミク輸送の絵描いてくださった方ありがとうございますー。


コメントなんかいっぱいたまっちゃった・・・ので抜き返信にします・・。ごめんね。


や、やっぱり多才ですねぇ…すごいです! 世間では情報とかは理系って言われてますがやっぱり関係ないですよね〜 秋葉行ったことないなー…行ってみたいな〜… ちなみにちょびっツ見たことあります?

秋葉原は面白い街ですよー。今あそこにある材料だけでもロボっ娘が作れてしまうのではないかと思います。うちのミクさんも服の生地とか髪とか樹脂とか其の他雑多な工具や化粧品とか以外はかなり秋葉で買ったもので出来てます。
ちょびっつ知ってるよ!主に原作の方。でもスイッチはそんなとこにはないよ!ああいう世界は夢じゃないと思うんだ。ちょびっつは明るい未来という感じでもないけど。かわいいロボが街を歩く未来を信じてる!せめてステージで歌って踊るくらいは!

等身大の動画で感動して来た者です。 いや〜ほんとにすごいですねー 応援しています(`・ω・´) 実は自分はまだ高校生なのですが将来人工知能の研究をしたいと思ってます! そういえばそのスケッチブック中学の時美術で使ってましたw

人工知能の研究を仕事にするとなると大学の教員とかになってくるかもですね。人工知能はいまだ暗中模索の状態です。きっと大きなブレイクスルーがあると思っています。
ちなみに「人工無能」なんてのもあります。スクリプトとかでガンガンかけちゃうんでパソコンさえあれば出来ちゃいます。しかし果たしてその先に本当の意味の知能があるのか・・とか考えたり。とりあえず面白いけど。
あ、すみません。
ただ、一つ言いたいのは人工知能をやっている研究室に入ってもいきなり自分の好きなテーマが出来る事は少ないかもしれないということです。大抵は誰かの研究の続き的なものだと思います。それが悪いという訳では全然ないんですが。積み重ねですし。
みさいるは研究室に配属になる前に待ち切れずなんだかんだ始めちゃったような奴なんです。やろうと思えば個人でいつだって行動し始められるけど、本気でやろうとすると何の保証もなかったりする・・ということもありまして、ええ、すみませんww


口腔内にもサーボを置くってこと? 口は開かなくなるのかな? ミクさんが口を開けるとモーターと配線が… というのもそれはそれでロボっぽくていいかな?

チガウヨ!www午後ティーを飲んで吹いたのは人間の方ですぅwww
ちなみにミクさんは口を開けてもサーボは見えないよん。スピーカーの音でるとこがちょっと見えるくらい。


>じつはバニエ作ったんですよおー ってすでにやっちゃってるのがすごいですよ… 色んなことにビックリな人だけど服飾のスキルはドールの教室で勉強したんですか? 京都にミクさん来られるんですか? 行きたくて仕方がないんですけど、 どうやって運ぶのかな…ぜひとも新幹線で並んで乗ってきてほしいです。

服飾は独学です。本とか実物見たりしてつくりました。根気さえあればそう難しくはないと思いますよー。ミク輸送に関しては「ミク輸してやんよ!」辺りで検索すればいいかも?


とりあえず記事わけるー。いや、すごい2日間だった・・・。
posted by みさいる at 02:12| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわー、椅子に腰掛けてるだけでも、やっぱ存在感が違いますね、等身大って。すごい。
肉眼で見たかったー。いずれまた僕らの前にさらに美しくなって登場してくれる日を待ってますっ。
Posted by 名無し at 2010年04月05日 22:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。