2014年09月22日

等身大ミク2号機頭部主パーツの3Dスキャン&3DスキャナーSenseレビュー

ニコニコのブロマガも使ってみることにしました!内容的にはおんなじです
http://ch.nicovideo.jp/missile39/blomaga/ar621574#-

配線を途中までやってしまってから気づいた頭部主パーツの3Dデータの撮り忘れ(´・ω・`)
真夜中に配線を耳からごっそり抜いて空っぽの状態にして、テーブルの上に乗っけてその周りをゆっくり1周して撮影する儀式を行いました(((( ;゚д゚))))

Senseっていう3Dスキャナー使って頭部パーツの3Dデータは将来のために一応とってあります。

撮った結果がこちら
メタセコイアで確認2.png



割りとそこそこ綺麗にとれた感じがします。でもやっぱし入り組んだとことか撮れてないところもあるナー。メタセコイアにobjファイルで突っ込んで確認してみた図です。

体の方のパーツはこれ買う前に組み上げてしまったので撮ってないのですが頭に比べれば分解は楽なのでいざって時は手やら足やらを分解して撮ってもいい・・かも・・



一応3DスキャナーSenseの使ってみた感想なんかも書いときます。
値段は5万円くらいでした。大きさはティッシュ箱を半分くらいの薄さにして長さを詰めたくらい。結構軽くて片手で持ってても全然苦にはなりません。

使い勝手の方なんですが、たしかにお手軽で、性能も比較できる経験がないのでわからないのですが、今のとこ結構よく撮れるんだなぁと思ってます。粘土で作ったような複製でもいいからほしいと思う程度なら及第点かな?撮ったまんまのデータで工業的に使うのはご覧のとおり無理そうですが。
恐らく一番の問題は、撮影中に激しく視点を動かし過ぎたりすると撮影に失敗して最初からやり直しになってしまう事ですorz

割と少しの手ブレだったり、あと時間が掛かり過ぎたりするとかなーりの頻度で最初からやり直しになってしまって、あと少しで終わったのに・・というところで失敗してしまったりして心折れそうになります・・・何とかならないのかなぁ

まぁ1からモデリングしたり、私のように手で削りだししたりすることに比べればだいぶ楽な筈なので、そこはグッとこらえて成功するまでトライです。
ただ、一度失敗しかけても、その位置でふんばって、失敗した時の画像に現在の映像が重なるように合わせてやってしばし待つと復活する事があります。もしおんなじような状況になったら試してみるといいかもです。対象を細い支柱のある台の上に乗せて支柱とスキャナーを紐で結んで引っ張りながら一定距離を保って回るといいというような話も聞きました。

あと、スキャン開始時にスキャン対象の簡単な選択ができるのですが、(人かモノか、顔か全身か、大きいか小さいか等)顔パーツ撮影時、最初ずっと「object(モノ対象)、中くらい大きさ」でやっていてうまく行かなかったのが、人の顔対象モードでやってみたところ格段にうまくいきました。・・ちょうどサイズと形状が近かったからでしょうか。少し複雑な気持ちです(;´Д`)

あとは頭部の3パーツ同士を接合するネジ止め用の加工も残ってるのでそれが終われば本格的に配線できそうです。先に配線やってからでも平気そうですが。様子見つつやります。

それではまたーノシ

posted by みさいる at 09:34| Comment(0) | 制作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。