2019年11月22日

足立レイの軽量なMMDモデルとVRMモデルできました&全力疾走のモーションキャプチャ

リングでフィットなアドベンチャーが流行る昨今、いかがおすごしでしょうか!

3DモデルDLはこちらです
https://3d.nicovideo.jp/works/td60213 MMD
https://3d.nicovideo.jp/works/td60214 VRM
https://bowlroll.net/file/204581 両方+Unitypackage

そしえお披露目用にこんな動画うpしました(半ば目的を忘れている感もある)


https://youtu.be/fko0rrrW7pM

せっかく大幅改良(軽量)モデルが出来たので、普通に何か躍らせるのもつまらないと思い、以前からやってみたかったガチ走りのモーションキャプチャをやってみました。
これがなかなか難しい。一応動くことは動くのですが、元のモデルだと重すぎてノートPCだとモーションキャプチャ、モーション録画、デスクトップキャプチャを同時にバッテリ駆動状態でやるのはかなり厳しいものがありました。

しかし今回大幅に軽いモデルができたこともあって挑戦してみました。
しかしなかなかモーションが撮れずに何本も走ることになったため、結構いい運動になった気がします。そしてそうこうしてうまくいかないと何本もチャレンジしているうちにリアルボディの限界が来てしまうという悪夢。一応何とか形にしました。

ロボットのモーションキャプチャ操縦用に元々買ったこのPerception Neuronですが、いろいろ問題点はあるものの、面白いです。
今回のいろいろ無茶な事を試した中で結構このモーションキャプチャシステムに対する理解も深まりました。
やはり室内なら光学式はいろいろお手軽で位置検出もほとんどずれないので良いですが、装着型の全身キャプチャはまだまだこれじゃないとできないというところがありそうですね

動画内でも書いたのですが、2回目の時に転んで肘を擦りむいたのですが、もうほぼ治ってきました。ご心配ありがとうございます。
ピッチリパックするタイプの絆創膏、ケアリーヴっていうの、初めて使ってみたんですが、お風呂にも入れるし、治りも早い気がしますね。


スクリーンショット (136).jpg
自分の作った3Dモデルが全速力で走る様子は爽快なものがありました。(自分は疲れるけど)
ロボットもいつかこれくらい走るようになったら!と思います。第5世代くらいでいけるだろうか?
一応、モーションの方も一部配ってます。

使うとこんな感じ

我(が動き)ながら、満足感がすごい。使えそうなところなどあったらどうぞ。

また、音源の方も実はすでに暫定ver2.0.0が出来上がっています。追々詰めて動画を作って公開します。1.5から2.0に飛ぶだけあってかなりのアップデート具合です。お楽しみに!

ロボットの方は現在胴体と頭、腕を製作している状況です。左腕はほぼ完成したといってよい状態です。現在その知見をもとに右腕製作中。そう、左腕から製作したのは、右利きの人が多いから、どちらかというと左腕本番兼テストベッドにして右腕の完成度をより高めるためです。
両腕出来たら、モーションキャプチャなどを使って動かして、ちょっと面白い事をして進捗報告動画等上げようと思っています。
1419.jpg


あ、後最近、ポケモンを買ったんです。ポケモン!シールドです!
ポケモンだいすきなのですが、もう10年位やってなかったので、なんだかうれしいです。
最近、以前の動画で作った無人VTuberなシステムを使って時々ゲーム実況もしてます。
コメントが集まればいい感じに稼働しだすんですが集まらないと稼働せず・・というジレンマ状態ですが、
一人でたくさんコメントしてくれる方などいてなんとか成り立ったりしてます(∩´∀`)
なんとかいろいろ有名になって最初の母数をゲットして面白く稼働させていきたいところです!
それとは別にただポケモンをやりたいというのも大いにあるんですけれど・・!
こんな感じでやってます



最近はこんな感じです。最近は前記事でも貼ったようなツイッターのタイムラインに進捗上げてることが多いので、詳細はそっちの方が追えるかもしれません。ではまた〜


posted by みさいる at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: