2014年03月12日

ダミーサーボと近況

遅くなりましたが、実体化展やトークイベントに来ていただいた方ありがとうございました!暇な学生7さんのプレゼン超準備されててうまくてなんか恐縮でした!
実体化展はまだまだ6月1日までやっています
http://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/exh-miku.html
展示物も着々と増えてるようです。緑一色です。Oculus Riftのは・・良かったなぁ


展示の様子はこんな感じです
DSC00305_R.JPG
髪とか頑張ってできる限りセットしてきました。
ヘアスプレーの少しいい匂いがするかもしれません(嗅ぐと視線が痛いと思うので気をつけてくだs

それと髪の件コメントありがとうございます。参考にしながらベストな方法探りたいと思います。


今日は今回1号機を形だけは復活させるために作ったダミーサーボのことを紹介しようと思います。

ダミーサーボとはサーボモーターの筐体とかだけの、モーターとか回路とかがぬけた状態の物です。つまりハリボテ。ただし関節の代わりになって見た目も維持される、というものです。本来はただのつなぎですが、今回は関節としても使います。秋葉原にあるロボット専門店テクノロジアの店長さんが考案したとかお聞きします。

1号機は2号機と肩部や首部が共通のサーボケースのサーボで、性能も5年前のものでもほぼ遜色ないため2号機用に部品取りに抜かれていました。このままでは展示できないがサーボを同じだけ買い揃えるのは10万くらいかかる・・考えた結果急遽同じ近藤の4000番代サーボのサーボケース等等(本体に比べればだいぶ安い)によってダミー関節を構成して展示しようという計画になったわけです。

有り合わせの部品で4000番台サーボのダミーができたということでロボットメイカーな方に少し参考になればと思います。あんまし使いどころ、なさそうですが(´д`)

まず用意したのはアームサポーター4000A、樹脂ギアKRS4024s用、サーボケースKRS4000シリーズ用、サーボブラケットのSC4000ARM、そして余っていた近藤サーボの樹脂ホーン、ネジ各種です
DSC00165_R.JPG

こんなふうにしてギアを突っ込んで
DSC00173_R.JPG
DSC00175_R.JPG
DSC00188_R.JPG

ファイナルギアのみの為、ギアのグラつきを抑えるためにこんな部品も樹脂で作りました
DSC00187_R.JPG

でも旋盤もなく手作業なのでめんどくさくなったので1つでギブアップ
DSC00189_R.JPG
輪ゴムで隙間部分をぐるぐる巻きにしたら、割といい感じにグラつきは抑えられました(ノ∀`)(モックアップ的な感じで作るならこれでも平気かと思いますがちゃんと可動おもちゃみたいにするには不安ですw)

それで、アームサポーターとローハイトホーン、ブラケットをつけてネジどめすれば完成☆です
DSC00184_R.JPG

こんなかんじでつくれば関節1つあたり約3000円で構成できると思います。2号機肩部のkrs-4034等で構成した場合は20000円は下らないです

ちなみに、一号機頭部と2号機ボディを悪魔合体させた図がこちら
DSC00265_R.JPG

現在は頭部の削り出し&目の作成中です。
DSC00601_R.JPG
目にWebカメラ乗っける予定なのですがこれの選定がなかなか難航です。頭部スペースに入れる関係上サイズの問題と形状の問題、あと画質や性能と、レンズの見た目が瞳のデザインにも影響するのでそのへんも見なければなりません。一応なんとか目星は付けました。目だけに( ‘ ^‘c彡☆))Д´)パーン


ミクでダミーといえばダミーダミー

曲はDECO*27さん
イラストはたかひさん

歌詞が妙にきます。1人じゃできないこともいっぱいあるんですが、とりあえずこの2号機のver1.0.0までは、一人の力の可能性と限界を見せてやろうと思って頑張っています。

ところでダミーって響きなんかカッコイイですよね。そこはかとなく漂う哀愁が好きです。そういえば昔レスキューロボットコンテストで使われる要救助者に見立てたダミー、通称「ダミヤン」。その事前練習用のダミーを作る任務を請負いましたねぇ。一号機作ったのと同じスタイロと、注型シリコン、重りの粘土で作ったのですが。まさにあれはダミーダミー。
いやでも歌詞的にはダミーダミーって、自分ってこと・・なのかな?27さんの曲は自分との対話みたいな曲多いですよね。好きです。

3月9日はミクの日でしたが、今年もまた過ぎて行きました・・。前々から進めてた別の計画も完成が近づいています。5月頃にそっちを、8月31日にミク2号機の完成を目標にやっています。例によってずれ込むかもしれませんが、よろしくです
posted by みさいる at 02:14| Comment(0) | 制作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

二号機進捗と一号機の展示お知らせ

メリークリスマスでした!あけましておめでとうございます!
しかしそんなことはあまり関係のない日々
年明けなので久しぶりに最近の状況を報告したいと思います。

最近寒いですし部屋にこもって専ら服作ってました。
CIMG7133_R.JPG
深夜響くミシンの音。寒いすきま風。アイロンがけのジュワーって音。なんかロボット作ってるとは思えないそんな感じ


詳しくは動画で紹介する予定ですが、初音ミク様にお着せするにふさわしい納得いくクオリティの
お召し物ができたと思います!
いまのところできたのは上着とスカートです。1号機は寝かせたまま着せると着崩れしたり、メンテナンス
しにくい、モーションつけにくいといった問題があったのですが、今回は新たに作った二号機専用スタンドを
使って立たせてあります。拘束具というとエヴァ的!

こちらがその図
CIMG7171_R.JPG

CIMG7172_R.JPG

こうやって立つとやっぱりでかい。靴履いてるし目で見るとだいぶ大きく見えます。あとやっぱりそれなりに重(っ・д・)三⊃)゚3゚)'∴:. ガッ
あとは服はネクタイとアームカバーと、ニーハイのちょこっとした部分になります。(今つけてるネクタイは
一号機のものです)



その一号機ですが、明治大学米沢嘉博記念図書館で1月31日から始まる

「次元の壁をこえて 初音ミク実体化への情熱 展」
http://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/exh-miku.html

にて展示されることになりました。
ロボットとしてはもう動かず、今まで二号機用の参考にしたりしてきて旭川以降外に出ることのなかった一号機ですが、今回数年ぶりに(動きませんが展示品として)外に出ることになりました。
一号機の作成から五年近くたち、見た目的にも随所ボロボロになってお疲れ様といった感じですが、衣装等できるだけアイロンがけしたりしてきれいにしたいと思っています。二号機の作成にだいぶ役に立ってくれました。一部部品等受け継いでいます。

髪飾り等頭の配線はかなりそのまま受け継ぐ予定なので一号機には付いていないかもしれません。


ほかにもたくさん初音ミク実体化に関する展示物があるようです。展示期間も長いので、近くに寄ったら
ぜひお越し下さい。
新しく情報など公開されましたらまた書きます。


二号機ですが服を一通り作ったあとは頭です。頭部の作成には前回もかなり苦労しているので一筋縄にはいかないと思いますが・・
CIMG7151_R.JPG
こうやってミクっぽい形をなしてくると嬉しいです。



最近のお気に入り

V3の英語ライブラリミクです。up主も海外の方のようです。曲も好きだけど英語の歌詞の台詞回しみたいなのが日本語の歌詞とかなり違った感じで、それをネイティブな感じの初音ミクがあの初音ミクの声で歌ってるのがとても新鮮。日本語にはない表現のニュアンスで面白い!
An advice: watch out from the worthless pain~ から始まる部分がすごく好きです

でも日本語ライブラリに英語歌わせるのもやはりオツ。消えて欲しくないですね!

昔聴いて今でもたまに思い出します

たまーに生放送やってます。基本は作業

ではまた〜
posted by みさいる at 01:08| Comment(0) | 制作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

盛りすぎた

今日は初音ミク発売6周年、いわば誕生日的なアレでいろいろお祭りで、マジカルミライをニコ生で見たりしました!この機体でどのくらい動けるのかなぁみたいなこと考えながら見てたりもしたけど、純粋に良いものですねぇ。
せっかくなので丁度体が大体出来ましたし進捗状況を報告したいと思います

CIMG5584_R.JPG


それで首から下のパーツはほぼ揃った感じになると思います。それで配線をしつつ組み上げました。あと手首から先が残ってます。手の進捗率70パーほど(適当)

CIMG5872_R.JPG


左腕の配線は済んで動作確認もしてますが右腕はまだ配線ができてません。というか今やってます。


秋葉原でついにシリアル通信専用のコントロールボードのrcb-4を買いました!
CIMG5601_R.JPG
予定よりもサーボ数が増えて現在50個の予定のため、rcb-3が2つでは足りない感じになりました
おまけにこれで配線もすっきりしますし、ボディに開けた配線用の穴もすっきりして血行も良くなって良い感じです

これ(RCB4)、ずっとPCとの通信がうまくいかなかった(HTH4のRAMボタン押したときに接続がなんちゃら)のですが、どうも旧式のシリアルUSBアダプターではなく、シリアルUSBアダプターHSの方でないとうまくいかない(ことがある?)みたいです。事前情報では行けるって聞いたりもしたんですが。

それで、ボディが出来たので1号機の服を引っ張り出してきて着せてみたのですが・・・・






CIMG5564_R.JPG

_人人人人人_
> 盛りすぎた <
 ̄Y^Y^Y^Y ̄




ウェストは通るけど胸のファスナーが締まらない!!!!工エエェェ(´д`)ェェエエ工 \( 'ω')/ウオオオオアアーーーッッ!!!
盛りすぎた!!!盛りすぎた/^o^\!!







胸・・硬いから・・どうしようもない・・・

締まらないほど盛ってしまうとは不覚・・。でもまぁ・・このくらいあったほうがバランス的にはいい気がしたんだよね・・またピッチリのやつを新調か・・

でも、硬いボディもシステマティックな感じがしてとてもいいです。


CIMG5556_R.JPG
靴。


残るは新調しなきゃいけない服と、ラスボス頭部と髪ですね。来年のこの日までにできればいいのですが・・
そこまで作れたら動かしてみて動画あげられますが、それより先、歩かせたり躍らせたりする実験したりいろんなことしようとしたらこの部屋、そして自分ひとりでは無理になってきそうです。

そのへんのことも、そろそろ考えなきゃいけないかなぁと最近思っています。動画公開と同時に協力者でも募ろうか?とか、サークルでも作ったほうがいいのかな?とか・・

もし自分がどっかでぽっくりいってしまって共倒れとかも嫌ですしね。そんな予定は全くありませんが・・もし自分がいなくなっても動いていってほしいものです。心配になってしまいます。その前に死んでしまったもしその時は誰かどうか・・よろしくお願いします

posted by みさいる at 01:14| Comment(2) | 制作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする